猫のいる暮らし

マンションで猫を飼う #161

歯周病ケアというのは猫も人も変わらず
何よりもまずブラッシングということになるようだ。
実は私も嫁も歯が抜けてこそいないが歯周病を患っており
定期的に歯科通院をしている。全く別の歯科に通っているのだが
言われることはどちらも同じようにブラッシングのことであり
いつも念入りな指導を受けている。
今回は犬猫用の歯みがきジェルを獣医さんで購入し
それを使って猫の歯を磨いてあげることになった。
驚くべきはその歯みがきジェルの価格で、28g入りが3千円近くする。
130g入りで3百円しない歯みがきペーストを使っている私とはかなり違う。
ただ、犬猫用の場合は強い殺菌剤などを使うことができず
需要も人間用に比べれば少ないだろうから
それくらいの価格になってしまうのかもしれない。

| | Comments (0)

マンションで猫を飼う #160

結局やはり心配なので獣医さんへ連れて行くことにした。
獣医さんの見立てによると、歯周病で歯が抜けることは確かにあるが
それはもう少し高齢になってからのようで
我が家の猫くらいの年齢で抜けることはあまりないという話であった。
では他に考えられる原因は何かと言うと、歯茎に腫瘍ができていて
それによって歯が押し出されてしまった可能性もあるということであった。
もしそうならば大変なことである。
手術で摘出しなければならないようなことになれば
一気に体力が衰えてしまうような気がする。
口の中を見てもあまり変わったことがなく、体調も悪くないようなので
今すぐ検査をするということにはならなかったが、心配なことである。
そして、まずは歯周病対策としての歯のケアをしていくことになった。

| | Comments (0)

マンションで猫を飼う #159

先住猫の方は拾ってきた猫なので、正確な年齢は分からないが
まだ10歳にはなっていないと思う。
その猫の牙(犬歯)が一本抜け落ちてしまった。
気がついたのはなくなった後であり、抜けた牙も見つからないため
いったいいつ、どのようにして抜けてしまったのか、全然分からない。
これはそのままにしておいてよいものなのかどうか
とりあえずネットで調べてみると、抜けることは比較的多くあることのようで
飼い猫がそうなったという記事がたくさんあった。
人間と同じで歯周病が原因としては多いようであり、加齢によっても抜けるようだ。
そして、猫の場合は食べ物を丸呑みするため
人ほど食べるために歯が必要ということはないらしい。
深刻な状況ではなさそうだが、かといって大丈夫という確信もない。

| | Comments (0)

ペット保険 #2

しかし、ペット保険もあくまで営業商品なので
たまにお医者さんにかかる程度ならば無駄が多くなるのかもしれない。
一時的に十万単位の出費になったとしても、取り敢えず貯金で支払って
その後小遣いを切りつめるとか、色々な手段によって
補っていけない金額ではないだろう。やはり人の医療保険と同じように
保険に頼るよりは貯金を充実させる考え方もできそうだ。
しかし、人というか私の場合は公的保険と勤め先の福利厚生制度があったために
医療保険がまるで無駄だったと思うのだが、ペットにはそのどちらもない。
つまり、条件が人とはまた全然違うわけなので
ペット保険もまた医療保険とは違うのかもしれない。
少し詳しく調べてみてもよさそうだ。

なお、日経電子版の記事であるが、いつまで残っているか分からないけど参考までに
http://www.nikkei.com/biz/product/article
/g=96958A9C93819698E0E7E2E3918DE0E7E2E5E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;dg=1;
p=9694E2E7E2E3E0E2E3E2E1E3EBE1 

| | Comments (0)

ペット保険 #1

ペットにも医療費に関する保険があることを以前から知っている。
加入を現実的に考えて詳しく調べたことはないが
日経電子版のペット保険に関する記事を見て以来、以前より関心が湧いている。
ペットには人のように健康保険がないため、病気や怪我などで獣医さんを受診すれば
簡単な治療でもすぐに1万円近い費用になってしまう。
かといって受診しないということは考えられない。
動物は人のように痛いとか辛いとかの泣き言を言わず
病気や怪我をした場合はぐったりしてひたすら耐えているだけである。
そんな様子を見て見ぬふりができるわけがない。
たとえ1万かかろうが10万かかろうが元気になって欲しいと思う。
そのためなら自分の小遣いを切りつめてでも病院へ連れて行くが
保険によってそうしたペット医療費の補填ができるならばとも考える。

| | Comments (0)

猫の毛と洗濯 #4

ただ、必ず洗濯機だということではなく、干す段階で取れている可能性もある。
干すときに、まだ毛が付いているのを見かける場合があり
ベランダ掃除の際に予想以上に猫の毛が落ちていることなどがその理由になる。
それならばベランダ掃除が多少大変なだけで、あまり問題はないのだが
実際のところはどうなのだろう。

我が家の洗濯機は乾燥機能が付いていないので、乾燥は全く別のことになるが
もし洗濯機を乾燥機能付のものに買い換えて、乾燥まで機械で行ってしまうと
よく分からないが毛が付いたまま乾燥されるか、取れた毛が今度こそ
機器のどこかに溜まってしまうのではないだろうか。
現在でも冬場のなかなか乾かないときには
浴室乾燥機を洗濯物の乾燥に使っているが、洗濯物の乾燥機とはシステムが違うため
機械的な乾燥によって毛がどうなるのかはあまり参考にならない。

| | Comments (0)

猫の毛と洗濯 #3

そして、もう一つ気になることがある。家で洗濯する場合には
服に付いた猫の毛はどうなるかということだ。

洗濯前に猫の毛が付いていても、干した後に取り込んでたたむときには
ほとんど付いていないので、洗濯中のどこかの段階で取れていることになる。
心配しているのは、それが洗濯機の中であった場合
徐々にどこかで毛が溜まっていき
最終的に詰まってしまうのではないかということだ。
そのために洗濯機が壊れるのも嫌だが、怖いのは水漏れだ。
排水トラップを掃除した際に、猫の毛がどれだけ溜まっているか確認してみたが
溜まっていたのはほとんどが繊維屑で、毛はあまり見られなかった。
そこで残る可能性は洗濯機本体内や排水ホースであるが
分解するわけにもいかないので、注意深く様子を見るしかない。

| | Comments (0)

猫の毛と洗濯 #2

そのままクリーニング店に持っていこうと思ったのだが
あまりに毛が付いていては感じが悪いかと思い直し
手である程度の毛を払ってから持っていった。
ところがそれだけではいけなかった。クリーニング店の人が言うには
動物の毛が付いていると、他の人の服に付いてしまう場合があり
クレームの元になるため、本来は受付できないということであった。
そのお店は普段からよく利用していて顔なじみであるため
今回はお店の人が毛を取ってくれるということになったが
次からは気をつけなければいけないと思う。考えてみれば嫁も私も猫好きのため
多少の毛が付いているぐらいはまるで気にならないような
猫と共に暮らすのが当たり前のようになっているが、世の中はそうではない。
動物嫌いの人だって当然いるわけなので、家の中での猫と暮らす感覚を
外へ持ち出しすぎてはいけないのだと、頭のどこかに置くようにしたい。

| | Comments (0)

猫の毛と洗濯 #1

猫と言えば、先日結婚式へ出るために、黒い服を着たときのことだ。
出かける直前に着替えたにもかかわらず
すぐに猫が寄ってきて身体をこすりつけてきた。普段はそんなことしないのに
いったいどうしてそういう服を着た場合にだけすり寄ってくるのだろう。
黒い色に反応しているのか、出かける雰囲気を察知しているのか
理由は分からないが、とにかく嫌がらせにしか思えない。
我が家は何もしなくても猫の毛が付いてしまうのに
そんなことをされては全くかなわない。
玄関先でコロコロを使って毛をきれいに取ってから出かけたが
帰ってきて着替えるまでの少しの間にも毛が付いてしまう。
しかし、そのときは「どうせクリーニングに出すのだから」と思い
特に何もせずハンガーに掛けておいた。

| | Comments (1)

マンションで猫を飼う #158

さて、猫である。今回の清掃作業は長時間なので
はたしてどのような様子を示すだろうと思っていたが
先住猫は思った以上に図太くなっていた。作業の人が部屋に入ってきても
まるで構わずカウンターの上に寝そべっている。
作業の人も最初は気づかなかったようで、見つけたときにびっくりしていた。
さすがに目が合ったときは押し入れへ引っ込んだが、昼頃に出てきて
その後は台所が見える位置に寝そべって作業を観察したり
私の膝の上に乗ってきたりして、ずっと近くにいた。
そして、もう一匹の猫はまるで逆だった。最初の段階から姿、気配ともに絶ち
私でさえどこにいるのかまるで分からない。
出てきたのは業者さんが帰った2時間後であった。臆病なのか警戒心が強いのか
一ヶ所にずっと留まって動かないのは凄い忍耐力だと思う。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧