マンション契約

マンション引渡し #2

説明の内容は、各設備の使い方
登録や開栓のやりかた
入居後の生活に対する留意事項など。
いっぺんに言われてその場では分かったつもりになったが
どうだろう。
最後に部屋の鍵を受け取って終わり。
部屋の鍵は
どうしても気になるならシリンダー交換すればいいのだろうが
それは自分持ち。そうでなければ
きちんと今まで管理されていたことを信じるしかない。

その後部屋へ行き、鍵がきちんと使えるか確かめる。
このときにはさすがに感慨を覚えた。
しかしまだ、後日になったオプション工事の監理があり
それからさらに難関の
引越し-住所変更手続きが待っている。
この部屋でくつろげるようになるのは
まだ先みたい。

| | Comments (0)

マンション引渡し #1

現状渡しの条件でもあり、結構何回か部屋を見て
基本的には大丈夫と思ったので
このままの形で引渡しを受けることになった。

引渡し手続きでは、別のお姉さんが担当だった。
このお姉さん、昼から香水つけすぎで爪も長い。
でも仕事は実にてきぱきとして、慣れた感じ。
人当たりも悪くない。
第一印象で損をしてるんじゃないかなと思ったが
所詮は人ごとなのかもしれない。やや社風を疑うが。
社風といえば、この会社は
おっとりとした雰囲気とどこかで聞いた覚えがあり
まさにその通りであった。
売らんかなの姿勢をあまり感じなかったのがよかった。
今回も本当は売り切りたくてうずうずしていたはずであろうに
考える余裕を与えてくれ
(そのおかげで最初の部屋はなくなったが)
購入をやめるならそれで構わないという姿勢に
かえって好感をもった。

| | Comments (1)

いよいよ契約 #2

まず「重要事項説明書」の読み合わせが始まった。
本当にするのかなと思っていたが
本当に始まった。
そこに書いてあることを
デベの宅建の人が一つ一つ読み上げていく。
こっちは事前に目を通してきているので
退屈で仕方がない。
よほど「もういいです」と言いたかった。
でも後で聞いたところ、省略はできないとのこと。
うーん、こういうものか。
最後にこちらから質問をする。
ほとんど読めば分かる、納得済みのことなので
アフターサービスについて確認をしておく。

次に契約書をまた一から読み上げ
その後は管理規約。
そして変更事項。
最後にすべての書類に印鑑をぺたぺた押して終わり。
銀行印は一部必要だが
別に実印でなくてもよかった。

| | Comments (0)

いよいよ契約 #1

ちょっと整理してみる。
9/18:モデルルーム見学
9/20:購入申し込み
9/23:契約
9/30:引渡し
というスケジュール。
何と初めて見に行ってから二週間もたたないうちに
もう部屋の引渡しを受けるという
すごく慌しいスケジュール。
しなければいけないことに追われて
購入の余韻に浸っている余裕がまるでない。
でも効率的ではあると思う。
ちゃんと物件が完成して引渡しが受けられるのかという不安もない。

| | Comments (0)

転出取りやめ

私は住居手当と通勤手当をもらっており
住居手当は当然賃貸と持ち家とでは変わってくる。
住所を変更した場合
非常に厄介なことになりそうな気がする。
黙っていてもいずれ知らせることになるし。

それで契約にあたっての住民票の必要性について
いろいろ調べてみた。
すると私たちの購入の場合は
現住所での住民票でも可能ではないかとの結論に至り
もう一度デベに確認をしてみたところ
登記をしなおす必要性があるかもしれないが
やはり可能であった。
デベの説明不足で不必要にばたばたしたことになる。

急いで役場に出向いて転出の取りやめ手続きをとり
印鑑登録もそのまま使えるとの返事をもらって
とりあえずこの件は無事収まった。

| | Comments (0)

マンション契約の住民票

新住所での住民票をとってきて欲しいと言われ
そのときはそれほど大変とは思わなかったのだが
後で考えると、それはかなり大変なことだった。
手続きとしては転出届を出して転入届を出すだけだが
さらに印鑑証明が必要になると
新住所で印鑑登録もしなくてはいけない
まあこれも役場に出かけるだけで
面倒くさいだけのことなのだが
うちの場合、引越しはまだ先の予定なので
そうしてしまうと
まだ住んでいるところの住民登録がなくなり
まだ住んでいないところで住民登録が始まってしまう。

急いで転出届を出してしまったが
はたと考え込んでしまった。

| | Comments (0)

マンション契約 #4

10万円の手付けと言っていたが
これは購入申込金であった。
一割の代金が手付金。
買うことに決めてから、2日後に契約日となり
引渡しがその一週間後と決まった。
建築済みの物件であり
デベも早く売り切ってしまいたいので
ばたばたと日時が設定された。

重要事項説明書と管理規約のコピーを渡され
契約日までにできれば目を通しておいてほしいと言われる。
その他に住民票と実印が必要と言われたが
金額の振込みよりもこっちの方が曲者だった。

| | Comments (0)

マンション契約 #3

結果はOKということで
数日後に契約にあたっての話を聞きに行くことになった。
その日までに購入金額の1割を振り込んでおくようにとのことだった。
手付けの10万はすでに払っているので
それを除いた金額になる。
うちはインターネットバンキングを利用しているので
それでも可能か尋ねたのだが
そうした例はなかったそうだ。
でもたぶん大丈夫だろうと思って振り込み操作を行い
問題なく振り込まれていた。

| | Comments (0)

マンション契約交渉

結論は「金額次第」ということに落ち着いた。
値引きにオプション工事を含めるかどうかで悩んだが
含める方向で考えてみた。
デベからの金額に対する提案がなく
こちらがまず金額提示をして
それを検討するという姿勢だったので
作戦によけい頭を痛めたが
その場で提示しなければまたどうなるか分からないため
あまり考えている余裕もなく
購入の気持ちはあるものなので
甘めの最低ラインを提示してみた。
それが演技なのか本音なのかは分からないが
相手はわりと渋った様子であった。
即答はもらえず、その日の夜に返答するということであった。

| | Comments (0)

マンション契約 #2

その場でどちらかの部屋に決めることができなかったので
帰ってから話し合い、東側の部屋に決めることにした。
もちろん値引き等の条件付で。
次の日にすぐマンションへ行きたかったのだが
あいにく朝から夜まで都合が悪く
その次の日の昼前に「決めました」と、話しに行った。

しかしなんと、その部屋はすでに手付けをされてしまっていた。

電話だけでも入れておけばよかった。
後悔先に立たずである。
しばらく二人とも固まってしまった。

なくなった部屋をいつまでも思っていても仕方がないので
もう一度西側の部屋を見せてもらい
そこで二人で話し合った。
結論は…。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧