パソコン・ゲーム

メールアドレス表示 #8

いろいろと怪しさがあるため、それが嫌なら参加しなければよいだけのことなのだが
何よりこちらには「ゲームに参加してレアアイテムが欲しい」という
大きな弱みがある。そして、結局メールアドレスを打ち込んで参加していた。

先ほどのサイトにしろ、この「イベントゲーム」にしろ
メールアドレスの収集を目的にしているとは一言も言っておらず
普通に考えれば「善意の第三者」なのだろう。
しかし、メールアドレスをログインに使っている以上
スパムが目を付けることは容易に想像できる。
また、そこまで想像していながら登録している訳なので
スパムに対する自己防衛はまるでなっていないということだ。

| | Comments (0)

メールアドレス表示 #7

「イベント」の主催者である住人とはメッセージのやりとりができたので
どうしてメールアドレスをユーザー名にしなければならないのかと
尋ねてみたこともあった。
すると、同じ人が複数のユーザー名で参加しないように制限をするため
ソネットタウンに登録しているメールアドレスを
ゲーム参加のユーザー名として使っているという返事であった。
それ自体はいちおう筋の通った説明であると思うが
ソネットタウンに登録しているメールアドレスかどうかは
事務局しか分からないはずであり、ゲームへの参加のために登録した
メールアドレスの扱いがその後どうなるのか全く分からない。
個人情報に関する取り扱いが、今ほど厳密でなかった時代のことであった。

| | Comments (0)

メールアドレス表示 #6

以前記事にしたことがあるが、ソネットタウンに熱中していた時期があった。
その中では住人は自由に自分で「イベント」を開催することができ
他の住人の参加を募っていた。多くの参加者を集めるため
ほとんどのイベントには「アイテム」の景品がついていた。
「アイテム」とは、タウンから配付され
タウン内の自分の部屋で使用できる家具や雑貨等である。
中には一度きりの配付で終わってしまった「レア」な「アイテム」もあり
そうした「レアアイテム」が景品にあると、どっと参加者が集まってきた。
「イベント」の中にはゲームをして、その結果で「アイテム」が貰えるものもあり
そのゲームに参加するために
メールアドレスをユーザー名にしなければならない場合もあった。

| | Comments (0)

メールアドレス表示 #5

自分のメールアドレスをスパムに収集されることを嫌って
いろいろと策を講じている反面
どうぞ収集してくださいと言わんばかりのこともしている。
ログインのためにユーザー登録が必要で
メールアドレスをユーザー名にしなければならないサイトへ登録しているのだ。
そのサイトにメールアドレスを打ち込んでログインする度に
しばらくの間スパムメールが増え、普段は来ないウイルス付のメールまで来るので
そのサイトとスパムとの関係は非常に疑わしいと思っている。
それぐらいならユーザー登録を止めればよいだけのことだが
どうしてもそのサイトの内容に心惹かれるものがあるため
スパムが増える面倒臭さの方を我慢している。
そして、メールアドレスを自ら晒すのはそれだけではなかった。

| | Comments (0)

SH #3

この薄さや重さは当時としては驚くべきものであり
スペックとしては物足りなさはあったが、格好もよく
何より持ち運びの便利さからとても気に入っていた。
しかし、今でこそモバイルPCやタブレットPCが全盛であるが
その当時を思うと、装備よりモバイル性を重視したパソコンというのは
時代を先取りしすぎていたのかもしれない。
また、薄く軽くするために無理をしたということはないだろうが
このパソコンはマザーボードに不備が出て、一度交換をしている。
最後は特徴の一つであるポップアップ式キーボードが言うことをきかなくなり
修理には出さずに引退させた。

このようにSHARPのパソコンにはいろいろと思い入れがあるのだが
残念なことにパソコン事業からは撤退してしまったようだ。
しかし、SHARP製品にはもう一つ思い入れの深いものがあった。

| | Comments (0)

SH #2

このパソコンは仕事にゲームによく活用した、忘れられない機器である。
OSもその頃のパソコンは各社独自のものであったが
やがてWindowsが席巻するようになる。私もWindows搭載パソコンを購入したが
それはSHARPではなくSONYのVAIOであった。
その頃は多くの家電メーカーがパソコンを製造していたが
NECや富士通に対抗する「3番目」は、私としてはSHARPではなく
SONYのパソコンだった。実際にVAIOは楽しいパソコンだった。
次のWindowsパソコンも同じVAIOで買い換えていたが
サブマシンとしてシャープのパソコンを再び購入することになった。
MebiusのMURAMASAというノートパソコンである。
これは光学ドライブが付属しないという思い切った仕様であったが
そのおかげで私が購入したモデルは16.6mm~19.6mmという薄さであり
標準バッテリーを装着して1.39kgという重さであった。

| | Comments (0)

SH #1

以前に書いたことがあるが、8ビットパソコンの時代に私が愛用していたのは
SHARPのX1turboであった。PC-8801ではなく、FM-7/FM-77でもなく
同じSHARPのMZでもなく、なぜX1シリーズにしたかというと
大きな理由は2つあった。1つはスーパーインポーズやデジタルテロッパーや
静止画キャプチャーなどの映像処理機能に魅力を感じたからだ。
テレビにもなるという点もよかった。実際にこのパソコンを使って
ビデオの映像にテロップを付けるという処理を行ったこともあった。

そして、もう一つの理由は、私の「2番目3番目好き」であった。
この時期の8ビットパソコンであれば、普通はNECのPC-8801を選択するだろう。
しかし、私はその「普通」が、あまり好きではないのだ。
そして、PC-8801のNECやFM-7/FM-77の富士通が、「専業メーカー」であるのに対し
「家電メーカー」のSHARPがその両者に伍して
ひけをとらない製品を作っていたという状況に魅力を感じていた。

| | Comments (0)

メールアカウント #3

自分の勘違いのせいではあるが
これではアカウントを残しておいた意味がまるでない。
仮に保存されていて、大事なメールがあったとしても
4年前ではどうにもならないだろうが、確認だけでもしたかったと思う。

すぐさま解約の手続きを行った。この有料アカウントは月額使用料が210円であり
4年半で210円×12×4.5=11340円をso-netに貢いでいたことになる。
その見返りが数百件のスパムメールでは、あまりに空しい。

しかも、so-netにはさらに貢いでいた金額があった。
コンテンツサービスを利用するために、嫁が私の有料家族会員になっていて
現在はそのコンテンツサービスを利用していないのに
家族会員の登録を続けていたのだ。これも合わせて解約手続きを行った。

| | Comments (0)

メールアカウント #2

そのまま4年以上の期間が過ぎたわけであるが、さすがにこれはよくないと思い
postpetアカウントの設定をしてメールチェックを行ってみた。
予想通り数百件ものメールを受信したが、その全てがスパムメールであった。
大事なメールがなくてよかったと思ったが
何か変な感じがしたので詳しく調べてみると
受信したのは直近2ヶ月の日付のメールだけであった。
それ以前の日付のメールは何度操作をしても受信されてこない。
もしかしてと思い、so-netのメールボックスの仕様を調べてみると
やはり保存期間が2ヶ月になっていた。何ということだろう。
以前のメールはとっくの昔に消えていて
今となってはどこからどのようなメールが来ていたのか
まるで分からないということだ。

| | Comments (0)

メールアカウント #1

私はインターネットを始めてから一番最初に取得したso-netのメールアドレスを
メインのアドレスとして使っている。現在はインターネットのプロバイダーが
マンション管理会社の関連会社に決まっているため
プロバイダーとしてso-netは使っていない。そのため、解約も考えたのだが
メールアドレスの変更が面倒なので、ほぼメールアドレスの維持のためだけに
so-netとの契約を続けている。それはそれで納得済みのことなのでよいのだが
postpet用のアカウントをどうするか、ずっと悩んでいた。
これはpostpetをよく使っていた頃に申し込んだ有料メールアカウントである。
やがてpostpetはあまり使わなくなるのだが、4年半前に今のパソコンに変えた際
このpostpetアカウントのメールチェック設定を忘れていたことがいけなかった。
さらにサーバー側のメールボックスの保存期間が無期限だと勘違いしていて
何か大事なメールがサーバーに残っているかもしれないと思い
その受信操作をするまでは解約できないと思い込んでいたのだ。

| | Comments (0)