« November 2016 | Main

ハワイ関係はしばらくこちらへ

ハワイ現地とホノルルマラソン関係は、こちらの別ブログに写真付きでまとめていきます。

| | Comments (0)

ハワイから

帰ってきました。現在記事をまとめ中です。

| | Comments (0)

ホノルル来ました #2

マラソン完走できました。楽しく走れました。

| | Comments (0)

ホノルル来ました #1

英語が聞き取れず、私の発音は通用せずで大変です。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #34

旅行会社のツアーならば、専用の無料トロリーが走っていますので
それを利用すればよいのですが、私はそういうわけにはいきません。
ハワイプリンスホテルはホテル専用シャトルを運行していて
さすがだと思いますが、残念ながら本数は多くありません。
利用するならば先に書いたワイキキトロリーのピンクラインが手軽です。
料金は2$ですが、JCBのクレジットカードを持っていれば
カードを提示すると無料で乗ることができます。
ツアー専用トロリーと同じような使い方ができるということです。
これはJCBカードのキャンペーンなのですが
優待期間が2019年3月31日まで延長されています。

さて、いよいよ今日の夜の飛行機で出発です。
現地でうまくログインできれば、様子を書いていこうと思っています。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #33

レースの進行と共に規制は解除されていくと思いますので
私がゴールする頃にはバスもトロリーも動いていると予想していますが
最悪の場合は歩いて戻るつもりです。カピオラニパークから
ハワイプリンスまで3km程ですから、歩けない距離ではありません。
ただし、フルマラソンを走った後ですから
3km歩く体力と気力を振り絞らないといけないでしょう。

マラソン帰りの際はやむを得ないと思いますし
ホテルからアラモアナセンターへ行くのでしたら
徒歩で往復してもよいかと思いますが、例えばTギャラリアなどの
ワイキキ中心部へ買い物や食事に出かける際に
その都度徒歩で往復していては、さすがに疲れてしまいます。
そうした時にはトロリーなどの乗り物を使いたいと思います。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #32

今回は読んでいても情報の古さを感じませんでした。
1年前発行のユーズド本がお買い得だと私は思いました。

次はワイキキ内での移動について考えました。中でも一番の問題は
マラソンのゴール後にどのようにしてホテルに戻るかということです。
これもマラソン参加ツアーならばホテルまで送ってもらえるのでしょうが
私の場合は自分で何とかしなければいけません。
普通に考えればトロリーかバスに乗ればよいのですが
マラソン中は当然ですが交通規制があります。この規制状況と
乗り物の運行状況がよく分からないのですよね。
ワイキキトロリーには日本語表示のオフィシャルページがあり
いろいろなイベント時における運行情報がその都度載るのですが
今日の段階ではまだ示されていません。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #31

カード情報の入力先を分散するよりまとめた方がリスクは減ります。
JTBのバスは最初にアラモアナセンターにあるJTBのラウンジに寄るという
関係ない人間にはまるで余分なスケジュールになっていて
費用も他より2$高いのですが、許容範囲だと判断しました。

海外旅行保険の申し込みもオンラインで行いました。
台湾へ行ったときは、よく分からないまま代理店で申し込みましたが
今回はこれも自分で行いました。各保険会社で特色がありますから
気に入ったところを選べばよいと思います。私は少しでも安くするために
補償内容をカスタマイズできる保険を選びました。

ガイドブックはまたしてもユーズド本を買いました。
ただ、台湾のときは2年前発行の本を買ったところ
情報の古さを感じましたので、今回は1年前発行の本を選びました。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #30

スピーディ・シャトルは予約をしてもしなくてもよいのですが
他の三つは予約をしなければいけません。
その方が手間はかからないと思いますので
予約しておこうと思いましたが、一つ引っかかることがありました。
現地の二社についても日本語の予約サイトがありますので
言葉の問題はないのですが、私が気になったのはクレジット決済です。
どの会社も事前のクレジット決済で、予約手続きの最後に
クレジット情報を入力します。その際のセキュリティは大丈夫なのかと
心配になってしまうのです。結局はそのセキュリティの理由だけで
JTBに決めました。JTBのセキュリティが高いかどうかということではなく
私はJTBを通じて飛行機の予約をしており
その際すでにクレジットカード情報を入力しているからです。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #29

この返事が早いというのは好感がもてますね。
フォームへの入力もお店からの返事も日本語です。
少し調べただけですが、日本語に完全対応したマッサージのお店は
何軒かありました。ですから予約は電話でも可能です。

そして、ホノルル空港からワイキキへのシャトルバスの予約もしました。
飛行機の変更をしたことを考えると、早く予約をしておかなくて正解でした。
シャトルバスには現地のスピーディ・シャトルとロバーツ・ハワイ
そして、H.I.S.やJTBが運営する送迎オプションツアーなどがあります。
口コミを読むと、どの会社にしてもその時の状況によって
運行がスムーズだったりやたらに時間がかかったりするようですから
これは会社の差というより運が左右するみたいで、仕方がないですね。
それが嫌ならタクシーにした方がよいでしょう。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #28

こうして金曜出発にしたことで、日程にかなり余裕ができましたが
一つ悩むことができました。ロミロミマッサージを受ける日を
到着日にするか翌日にするかということです。
到着日にすれば最初の目的通り仮眠が取れます。
そして、翌日の日程にかなり余裕ができます。
翌日にすれば、マラソン前の2日間の日程に程よく余裕ができます。
私はせっかくのロミロミマッサージを仮眠に使うのは
やはりもったいないと感じます。また、仮眠が目的でなければ60分にして
節約もできると思いましたので、到着翌日に受けることに決めました。
この判断がよかったかどうかは、その場にならないと分かりませんが
お店も決めて予約も終わりました。ちなみに予約はオンラインで行いました。
フォームに希望日時等を入力して送信すると、すぐに返事が来ました。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #27

海外航空券とはこういうものなのでしょうか。
このあたりのいきさつは、後日詳しく書いていこうと思っていますが
結論としては、日程、飛行機、ホテルのすべてを変更して
予約を取り直しました。日程は1日早い金曜日に日本を出発して
現地に3泊する5日間の日程にしました。飛行機は米系の会社便ですが
往復共にさらに遅い出発時間に変更し、ホテルはアラモアナホテルから
ハワイプリンスホテルに変更しました。飛行機のキャンセル料を支払って
ホテルのグレードを上げて、泊数を増やしても総支出は2万しか変わりません。
もしキャンセル料がなかったら、安くなってすらいたところです。
5月に慌てて行った予約は何だったのだろうと思います。
ツアーとは格段に価格差があること、早く予約すればよいわけではないこと等
今回は予算の都合で個人手配にしたことで、いろいろと学びました。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #26

それは、搭乗予定便の日本出発が1時間45分早まるという
フライトスケジュール変更の連絡でした。
当然ハワイ到着も1時間45分早まり、その日の活動時間は増えますが
飛行機の中で眠れそうな時間はますます減ってしまいます。
へたをするとかなりの睡眠不足状態でホノルルに着いてしまうかもしれません。
私としてはそちらのデメリットの方が大きいと感じますが
キャンセル費用が高いので、変更は容易ではありません。
受け入れるしかないかと、しばらくそのままにしておきましたが
11月になり、フライトスケジュールを再度確認したついでに
他の便に今でも空席があるのかどうかを調べてみました。
すると、驚くべきことが判明しました。ほとんどの航空会社の便が
私が申し込んだ5月時点より、価格が安くなっているのです。

| | Comments (0)

« November 2016 | Main