« October 2016 | Main | December 2016 »

ホノルルマラソン参加計画 #25

もう一つ考えたのは、カピオラニパークまで行くのでしたら
近くにあるホノルル動物園にも行くことです。
動物好きの私としては、動物園は外せない場所です。

空港からホテルへ行って荷物を預け、コンベンションセンターで受け付けをし
ロミロミマッサージをして、カピオラニパークと動物園に行く。
これだけでもう十分ホテルのチェックイン時間は過ぎるでしょう。
その後はアラモアナセンターへ行ってお土産と食べ物を買い
再びホテルに戻る頃には、明日に備えて寝る時間になっています。
翌日はマラソンを走り、体のケアをして、お土産を買いそろえます。
翌々日は完走証を受け取ったら、すぐ空港に行かなければいけません。
結構ハードかもしれませんが、これで4日間の日程は十分です。
ところが、10月の初め頃に、思いがけない連絡が来ました。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #24

そうなると、最少時間の60分では物足りないかもしれません。
ここは奮発して90分で申し込もうと思います。
そして、お店をいくつかピックアップしました。
料金はどこもそれほど変わりません。そして、希望時間に受けるためには
どのお店も予約をしておいた方がよさそうです。

この時差ボケ対策ですが、徹夜明けと考えればよいのでしょうか。
何しろ経験がありませんので、見通しも対策もよく分かりません。
いろいろなサイトを読んでみると、いくら眠くて疲れているからといっても
ホテルのチェックイン後すぐに寝てしまうと
眠くなる時間のずれがいつまでも解消しないようです。
仮眠をとるなら短時間にして、夜になるまで起きていた方がよいみたいです。
マッサージを受けると、その仮眠をとる機会にもなるのですね。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #23

せっかくのハワイ旅行ですから、たとえ時間は少なくても
到着したばかりで睡眠不足であってもいろいろ楽しみたいと思います。
まず考えたのは、ロミロミマッサージを受けることです。
マッサージ好きで、週1のペースでマッサージを受けている私としては
ハワイへ行ったらロミロミマッサージです。
しかも、このロミロミマッサージのことを調べてみると、いくつかの口コミに
「到着後すぐに受けると、仮眠が取れて体もすっきりして時差ボケ解消」
と書いてあります。なるほどと思いました。
日本で普段受けているマッサージでも
気持ち良くてうとうとしてしまうことは時々あります。
初めてのロミロミマッサージで寝てしまうのはもったいないとも思いますが
たとえ数十分でも仮眠が取れれば、きっと後が楽になると思います。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #22

私の場合、行きは時間に余裕があるのでシャトルバスにして
帰りは時間を有効に使いたいのでタクシーにしようかと思っています。
そして、シャトルバスは事前予約しておこうと思います。

マラソン後は体がどのような状態になるか分かりませんので
あまり予定を決めておかない方がよさそうです。
かといって、体を動かさないのはよくないため
海岸の散策やお土産の買い物程度はしようと思います。
考える必要があるのは土曜日の過ごし方です。
どうしてもしなければいけないのは、コンベンションセンターへ行って
マラソンのゼッケンを受け取ることと、専用の袋に当日の着替え等を入れ
ゴールであるカピオラニパークへ行って預けることです。
このようにあくまでもマラソンが中心ですが、それ以外をどうするかです。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #21

ただ、さすがにお金を取るだけあって代行サービスの入力は分かりやすいので
面倒なのが嫌な人が自ら選択して利用するのはよいかと思います。
間違いなく公式サイトへ行くためには、検索サイトからよりも
アメリカの日本大使館のページにあるリンクから行くのが確実です。

次に、4日間の大雑把な行動について考えました。
マラソン関連が行動の中心になりますが、その他の時間をどうするかです。
また、今回は完全に個人手配の旅行になりますから
ホノルル空港とワイキキ間の移動も自分で何とかしなければいけません。
移動手段として利用可能なのは、乗り合いのシャトルバスかタクシーです。
シャトルバスは16$程度で利用できますが、時間が余分にかかります。
特に帰りはかなり早い時間の迎車になってしまいます。
タクシーは30~40$+チップが必要ですが、時間はかかりません。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #20

ただし、入力は全て英語(ローマ字)で、入力項目も比較的多くあります。
私は初めてでしたから、システムを理解する時間も必要でした。
そのため、渡航認証許可が出るまでに結構時間がかかり
思った以上に面倒な申請でした。

この申請に関しては、気を付けなければいけないことがいくつかあります。
一番肝心なのは、項目の内容をよく読み、自分の回答をよく見直すことです。
Yes Noを間違えると、とんでもないことになる質問がいくつかあります。
次に、ESTAの公式申請サイトへ検索画面から行こうとすると
ESTAの申請代行サービスのサイトも多く出てきてしまいますから
公式サイトと間違えないように気を付けなければいけません。
知らずにそちらで入力をしていくと
申請費用の他に代行費用もクレジット請求されてしまいます。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #19

ゼッケン引換票もメールで来ますから、それを自分で印刷して当日持参します。
これは万が一忘れてしまっても何とかなるみたいです。

これで、「ハワイへ行ってホテルに泊まり、マラソンに参加して日本に帰る」
ことはできるようになりました。次はその他の準備です。
ビザなしでアメリカへ入国する場合にはESTAの申請が絶対必要になりますから
飛行機の予約が終わっても正確にはまだ搭乗すらできません。
ですから私はマラソンのエントリーよりも先にESTAの申請を行いました。
これは代行申請もできますが、数千円の代行費用がかかりますので
私は自分で行いました。申請はオンラインで行います。
公式サイトではないですが、手続き方法をガイドしたサイトもありますので
私はそれを見て参考にしながら行いました。
説明は日本語ですから言葉の問題もありません。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #18

今年で言えばアーリーエントリーの期間は通常より8千円も安かったのです。
私がハワイ行を考え、予約を完了したのは5月初めでしたが
アーリーエントリーの期間は残念なことに4月中旬で終わっていました。
もう半月早くホノルルマラソンのことを考えていれば
何も苦労せず8千円安くなり、その分ホテルのグレードアップもできたのにと
とても悔しい思いをしました。かといって、来年まで待つかと言われれば
何が起きるか分かりませんので、費用のことより行ける時に行くべきです。
そこで、通常期間のエントリーで申し込みをしましたが
キャンセルはできませんので、すぐには申し込まず
締め切り近くの10月中旬に申し込みをしました。
手続きは日本事務局のサイトからオンラインで行います。
すべて日本語ですから、難しくありません。その後の連絡はメールで来ます。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #17

さらに、このホテルはリゾートフィーがかからないため
その点でもリーズナブルです。また、部屋に電子レンジがありますので
テイクアウトした食べ物を温め直してラナイで食べることもできます。
デメリットは眺望です。建物が海岸からやや離れていますので
オーシャンビューといっても視界の一部は他の建物に遮られると思います。
しかし、費用はどこかで線を引かなければいけませんので
アラモアナホテルのオーシャンビューの部屋が第一候補でよいと思います。
こうしてホテルも決めましたので予約手続きに入り
飛行機とホテルの予約が取れました。これでハワイ行が決定です。

ただし、マラソンに参加するためには、もう一つ必要なことがあります。
それはエントリー手続きです。そして、私は全く知らなかったのですが
申し込み期間は3期に分かれていて、早いほどエントリー費用が安いのです。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #16

その地区で比較的海に近い立地のホテルというと
アラモアナ、プリンス、イリカイ、ヒルトンあたりだと思います。
しかし、アラモアナ以外は軒並み1室1泊3万以上します。
比較的リーズナブルなアラモアナホテルのオーシャンビューの部屋だと
1泊が日本円にして2万5千円程度で、当初に見込んだ費用と同じになります。
こうしてある程度希望に沿うように航空券とホテルを具体的に考えてみても
費用は20万程度だと分かりました。もうすっかりその気です。
そこで、アラモアナホテルについて、もう少し調べてみました。
このホテルの最大のメリットはアラモアナセンターに隣接していることです。
そのため、アラモアナセンターでの買い物や食事だけでなく
トロリーを利用するときにも大変便利だと思われます。
言うまでもなくマラソンのスタート地点にも一番近い立地です。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #15

何度も書きますが、スタート時刻が朝の5時ですから
スタート地点に行くまでの交通がありません。
ツアーならば、スタート地点まで送ってもらえますが
自己参加では自分で何とかしなければいけません。
運営側が用意するシャトルバスに乗り込むか、歩いて行くことになります。
どちらにしてもそれだけ早く起きる必要があります。
また、スタート地点に到着する時間をうまく調整できればよいですが
長い待ち時間ができてしまうと、時間を持て余してしまいそうです。
端的に言えば、ゴール後のことは何とでもなります。
一番肝心なことは、スタート時刻にスタート地点にいることです。
ですから、スタート地点であるアラモアナパークに近い
アラモアナ地区のホテルが何かと便利だと思うのです。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #14

日本の土曜夜9時頃出発、ホノルルの月曜昼12時頃出発にすると
5月の段階では日系の航空会社の便で、安いものが15万程度だったのです。

次に、ホテルの場所を決めれば、候補を絞っていくことができますので
どこの場所がよいかを考えました。それにはマラソンが大きく関係してきます。
つまり、マラソンのゴールやスタート地点に近い場所を選ぶか
あまり関係なく選ぶかです。そして、ホノルルマラソンの場合は
スタート地点とゴール地点が離れていますので、もし考慮するのならば
スタートとゴールとどちらに近い方がよいかということになります。
適度なホテルがあれば、スタートかゴール地点に近いホテルの方が
マラソン参加には便利です。では、どちらがよいでしょう。
ゴール後にすぐホテルに戻ることのできる快適さもよいですが
どちらかを選ぶならば圧倒的にスタート地点に近いホテルでしょう。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #13

仮に土曜日の夜8時頃に出発すれば、ホノルル着は土曜日の朝8時頃です。
ところが、行きの実質的な飛行時間は約7時間ですから
夜8時の7時間後は夜中の3時になります。
つまり、体は夜中の3時なのに、いきなり朝の8時になってしまうのです。
これに対応できない状態が時差ボケということになります。
そして、日本出発が早めの時刻で、ホノルル到着も早めの時刻になるほど
急に早くは眠れないため、飛行機の中で眠ることが難しくなり
ほとんど眠らない状態で次の日を迎えることになります。
それはなかなかつらいので、私は少しでも飛行機内で眠れるように
夜9時頃に出発する便を選びました。
帰りはそこまで考える必要はありませんが、午前便ですと朝が慌ただしいので
特に用事もないため、私はお昼頃にホノルルを出発する便にしました。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #12

つまり、マラソンスタートの前日に出国し、走り終わった翌日の飛行機に乗り
翌々日に日本へ到着するという4日間の日程が最短で
その場合は、ホテルには2泊するということになります。
仮に、ある程度の価格の「パーシャルオーシャンビュー」の部屋に2泊して
航空券も安い範囲のもので選べば、費用は合計20万弱です。
冷静に考えれば20万も高額ですが、ツアーとの10万の差が大きいので
何だかとても安いように感じ、ますますその気になりました。
そして、さらに具体的に調べ始めました。
まず航空券です。これは安い範囲のものでも往復の出発時刻と
航空会社を選ぶことができます。航空会社は日系2社を基本に選びます。
出発時刻はホノルルを基準に考えた方が分かりやすくなります。
だいたいですが、到着時刻は日本を出発した時刻の12時間前になります。
土曜日の夜8時頃に出発すれば、ホノルル着は土曜日の朝8時頃です。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #11

スタートが朝5時で、日本行の便がだいたい午後3時半頃までありますから
ゴールまである程度の時間で走れる人でしたら、走り終わってすぐ空港へ行き
午後の便に乗って帰るという強行日程も可能です。
ハワイと日本との時差の関係で、帰りの便の日本到着は翌日になりますが
夜には到着しますから、最短では3日間の日程で済みます。
しかし、帰りの飛行機の時間をずっと気にしながら走るのでは
気持ちにゆとりがもてませんし、ゴール後の余韻にも浸っておれません。
完走証も翌日にしかもらえませんから、後日自分でダウンロードして
印刷しないといけません。そうしたことを考えると、3日間の日程というのは
よほど戻らなければいけない理由があるときでしょう。
普通は帰国を翌日以降にすると思います。仮に翌日の飛行機ならば
日本到着は翌々日になります。これが通常考えられる最短の日程でしょう。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #10

「オーシャンフロント」の設定があるホテルは
ワイキキの海岸沿いに立つ高級ホテルであり
間違いなく海の眺望はよいと思いますが、料金も跳ね上がります。
いくらハワイ気分を味わいたいとしても、さすがに私には手が出ません。
パーシャルオーシャンビューかオーシャンビューの部屋が精一杯です。
そして、このホテルの料金と航空運賃を合わせれば、費用の合計が出ます。
しかし、日程によってホテルの宿泊数が変わりますから
何日の日程で行くかということも考えなければいけません。
そこで、次に最短でも何日必要なのかを調べました。

ホノルルマラソンのスタートは朝5時で
ゼッケンの引き換えは前日に終わってしまいますので
必ず前日までに到着している必要があります。では、帰りはどうでしょう。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #9

ワイキキの海が見えるラナイ付の部屋に泊まって
ハワイ気分を味わいたいという気持ちと、マラソンメインなのだから
ホテルは寝るためにあればよいという気持ちが行き交います。
そこで、価格と希望が折り合えるかどうかを確かめるために
ワイキキの海が見えるホテルの部屋は一泊いくらくらいからあるのか
とりあえず調べてみました。ここで問題になってくるのは
パーシャルオーシャンビュー、オーシャンビュー、オーシャンフロントという
海の眺めの違いによる客室料金の違いです。当然眺めのよいほうが高いので
安い方からざっくりと調べてみました。
すると、ワイキキの海の「パーシャルオーシャンビュー」の部屋で2万円程度
「オーシャンビュー」の部屋で2万5千円程度からありました。
これは安い方の部類で、ホテルのグレードによって金額も変わります。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #8

このことについては結局いろいろと変更をしましたので
詳しくは後日書いていきます。費用の話に戻って、次はホテルです。
昨年の台湾のときに分かりましたが
海外のホテルは一人で泊まるとかなり割高になるのです。
安いホテルでも追加料金が発生して、それなりの価格になってしまいます。
ですから、いくらくらいで泊まれるのか心配でしたが
ワイキキは超高級ホテルから安いホテルまで揃っていて
安い方では一部屋を一人で使ってもだいたい一泊1万程度からありました。
それくらいなら妥協できる金額です。ただし、それで妥協するかどうかです。
台湾ならその気になればまた訪れることもできると思いますが
ハワイは、もしかするとこれが最初で最後になるかもしれません。
そんな旅行でホテルを節約してよいのかという葛藤です。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #7

さらに11月になって新たに安くなった便の中には、私が候補に挙げていた
利用しやすい時間帯の便もあり、基準が全く分かりません。
しかも一日の中で数時間の間に同じ便の運賃が変動する場合もあります。
国際線の航空運賃は単純に決まっていくものではなく
きっといろいろな要素によって価格が変動していくのでしょう。
高くて諦めた便が安くなっていると悔しいのですが
すでに申し込んでいる航空券はキャンセル料が結構高いので
それを含めて考えると、簡単に変更はできません。
申し込みを慌てすぎたのでしょうか。
しかし、旅行に関して一番重要な航空券が確保できていないと
不安で仕方がないでしょうから、必ず行きたいと思う旅行ならば
日程が決まったら早めに航空券を確保するのは普通のことだと思います。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #6

かなり価格差があるので戸惑いました。
ただし、格安の航空券は乗り換えがあって
その待ち時間が半日以上あるようなあまり快適なものではありませんので
現実的な便に絞ると、だいたい15万円から20万円になっていました。

やや話がずれますが、この航空運賃について、私は国内運賃を基準に考えて
申し込みが早ければ早いほど安くなると思っていました。
そこで、5月に予約申し込みをしましたが
その判断が正しかったかどうか確認したくて
その後も時々運賃のチェックをしていました。
すると、8月までは同じような金額で推移していましたが
9月からはかなり変動が起きてきました。それも高くなるだけでなく
便によっては安くなるものも現れ、変動幅は上下共に20%程度はありました。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #5

費用はエコノミーなホテルを選んだ一人参加の場合で
どのツアーもだいたい30万程度でした。これは私にはかなり高額です。
金額を知って挫折しかけましたが、もう少し調べてみることにしました。
初めて行くハワイで初めて参加するフルマラソンの大会ですから
ツアーでお任せにした方が絶対楽なのですが、費用は高くなると思います。
では自分で航空券とホテルを手配すると、いくらくらいになるのでしょう。
かなり安くなるのでしたら、それでもよいかと思い
比較のために調べてみようと思ったのです。
無謀かもしれませんが、費用の問題は私にとって重要なことなのです。

まず航空券です。これは時間帯と航空会社と乗り換えの有無によって
かなり差がありますが、12月搭乗の便を5月時点で予約した場合
エコノミーでだいたい6万円から20万円でした。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #4

また、マラソンは自分のペースでしか走れませんから
基本的には一人で走ることになります。ですから海外であっても
一人で参加することにあまり違和感のない活動だと思います。
しかも、ホノルルマラソンは制限時間が原則的にありません。
ゴール地点でのサービスや道路の規制は一定時間でなくなるそうですが
とにかくゴールはできるようです。こうした点も初マラソン参加者としては
関門通過時間のプレッシャーなく、完走だけを考えて走ればよいわけなので
気が楽だと思います。何より海外での初マラソンは印象に強く残るでしょう。

こうしてホノルルマラソンをメインとしたハワイ旅行の検討を始めました。
しかし、私はホノルルマラソンのことを何も知りません。
とりあえずツアーを探してみようと思い、検索するといくつかありました。
そのツアーの内容を見て、ホノルルマラソンの概要を知ることもできました。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #3

そして、今回ハワイのことを考えたときに
突然「そうだ、ホノルルマラソンに参加するために
ハワイへ行けばいいじゃないか」と、マラソンのことを思い出したのです。
これがとてつもなくよい考えのように感じ、すっかりその気になりました。
私は1年10か月くらい前からスポーツジム通いを始め
1年半くらい前からは、家の近くの公園を走り始めています。
ダイエット目的で走っていますから、あまり早くもなく
距離もさほどではありませんが、毎週欠かさず走っています。
以前のようにトレーニング不足で、いきなり本番という状態にはなりません。
年齢はかなり上がってしまいましたが、フルマラソンを走るには
現在の方がコンディションを整えやすいと思います。
今の時期を逃すと、もう二度とフルマラソンは走れないかもしれません。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #2

30歳代のころ、私はよく市民マラソン大会に出ていました。
と、いってもフルマラソンではなく、10キロがメインで
たまにマイルやハーフを走るくらいでした。あまりトレーニングはせず
本番だけ頑張って走るというスタイルでしたから、走っている途中も
走り終わってからもすごく疲れていました。そんな調子でしたから
フルマラソンに参加してみようという気持ちはなかなかおきませんでした。
でも、いつかはフルマラソンを走りたい。そして、走るのならば
有名なマラソン大会で走りたいという憧れはもっていました。
そのころは、東京マラソンも大阪マラソンもありませんでしたから
私の中での有名なマラソン大会といえばホノルルマラソンでした。

しかし、年を取るにつれて市民マラソンにも参加しなくなり
ホノルルマラソンのこともすっかり忘れてしまっていました。

| | Comments (0)

ホノルルマラソン参加計画 #1

今年のゴールデンウィークのときのことです。
ニュースで行楽や旅行の話題を見ている間に
自分もどこかに行きたいと考えるようになりました。
昨年の台湾が楽しかったので、また海外に行きたいという気持ちもあり
もし行くとすれば、今度はどこがよいだろうかと考えてみました。
昨年候補に挙げた目的地は台湾とハワイで、私は台湾を選びました。
そうすると、次はハワイでしょうか。しかし、昨年ハワイを選ばなかったのは
「一人でリゾート色の強い場所に行く」ことへの抵抗です。
何をするにしても誰かと一緒に楽しめないのはつまらないかもしれません。
その気持ちは今も変わっていませんが、この5月にハワイのことを考えたとき
突然ある一つのことを思い出しました。それはかつて私が
「ホノルルマラソンを走りたい」と思っていたことでした。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #24

購入金額もよく分かりませんでした。たいがいのシリンダーは1個6千円から
7千円台で、単純にこれを3倍すれば2万円から2万2千円ほどです。
いくら通販が安いといっても私が業者さんに支払った金額の半額というのは
あまりに安くないでしょうか。適合するシリンダーを選んでもらい
取り付けをしてもらうと、そうした金額になるのでしょうか。
シリンダーの確認と取り付けで、家に2回来てもらっていますから
出張費が高いのでしょうか。あるいは2個同一や3個同一の注文になると
シリンダーの価格が上がるのでしょうか。なにぶんにも先に書いたように
我が家の鍵に該当するシリンダーがどれなのかよく分かりませんでしたので
はっきりした価格の比較ができません。通販が安いことは分かりますが
自分で適合するシリンダーを選択して取り付ける手間と
両方の価格差との比較判断ができないのです。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #23

実際に行うことになれば難しいのかもしれませんが
私でもできそうだなと率直に思いました。
鍵は消耗品ですから、あと10年もすればまた調子悪くなるかもしれません。
そのときは通販で取り寄せて、自分で交換してもよいかなと思います。
実際に少し調べてみると、たくさん販売していました。
しかもそうした販売サイトには、具体的な交換手順まで記してあります。
ただし、シリンダーの形式がいろいろとありますから、きちんと調べて
正しいシリンダーを注文しないといけません。私も少し調べてみましたが
メーカーと刻印から検索しても該当するシリンダーがどれなのか
はっきり分かりませんでした。実際に買うとなると、かなり悩むでしょう。
しかも我が家の場合は3個同一のシリンダーを購入しなければならないので
通販といえども購入先と密接に連絡や相談をしなければならないと思います。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #22

玄関ドアの鍵ですが、交換作業が終了しました。
費用は約4万4千円でした。注文時は5万円程度と言われていましたので
多少安く済みました。交換後は施錠開錠がとても快調になり
高いお金を出しただけのことはあります。
鍵がこういった状態になったのは自分のミスのせいでしたから
ずっと気になっていましたが、やっと解放されました。

鍵の交換作業を見ていましたが、本当にシリンダー部分だけの交換でした。
私はデッドボルトやサムターンも含めて交換するものと思っていましたので
少々意外でした。また、作業そのものも最初にフロントのねじを緩めて
プレートを外し、現れた部分から棒のようなものを抜き取ると
シリンダーが外れますから、それを新しいシリンダーに交換し
逆の手順を行うだけのもので、5分もかからない作業でした。

| | Comments (0)

メガネとレンズ #25

もしかすると、私の視力と見え方の関係で
遠近両用が思ったほどよいものにはならないかもしれません。
それも含めて一度は検討してみたいと思うのです。

また、その頃は運転免許証の更新時期と重なってきます。
現在、運転用に使っているメガネの矯正視力を測り直して
場合によってはそちらとも関連させて考えなければいけないでしょう。

そして、さらに年月が過ぎると、白内障が他人事ではなくなってきます。
この手術を行うことになれば、眼内レンズを入れることになります。
そうなると、どういったレンズを入れるか、メガネとの関係をどうするかなど
かなり悩むことになるのでしょう。多焦点眼内レンズも含めて考えると
費用の問題も大きく関係してきます。しかし、そこでうまく視力調整できれば
メガネを使用する頻度が少なくなるかもしれません。

| | Comments (0)

メガネとレンズ #24

なぜそれを思い直したかというと、一つは価格が安くなったからであり
もう一つは今回作ったメガネの見栄えがそれほど悪くなかったからです。
高いお金を出して作ったメガネが予想外に悪いとがっかりしてしまいます。
そのため、今まではだいたい出来上がりが予想できる形で作ってきました。
しかし、今回のパターンで作れば、費用は今までの半額程度で済みます。
半額といえども私にとってはそれなりの金額ですが
新しいレンズにチャレンジして、仮に出来上がりが悪かったとしても
受けるショックが今までよりは減ります。一度は遠近両用メガネを作って
その見え方を試してみたいと思うのです。
ただし、作ったばかりですから次に新しく作る機会は数年後になるでしょう。
その際には、私の視力ではどういったパターンの遠近両用がよいのか
レンズの形状はどうなるのかなど、具体的な検討が必要になるでしょう。

| | Comments (0)

« October 2016 | Main | December 2016 »