« August 2016 | Main | October 2016 »

オートロックキーの交換 #17

しかし、その新品の鍵も数日使っていると多少引っかかるようになってきて
いつ動かなくなるかと不安を抱えているよりは
やはり交換するのがベストの選択なのだろうと思い直しました。

鍵の業者さんに関しては、連絡先を教えてもらってすぐ下調べをしました。
ネットで検索をして、交換対象の鍵のおおよその価格と
業者さんのホームページを確認しました。
この業者さんで注文することは決めていましたので
調べたのはお店の様子を知る程度の意味になります。
そして、すぐ電話で連絡をしました。管理会社の人から教えてもらった通り
やはりオートロックに対応した鍵は取り寄せになるそうです。
そして、型番を調べたいので、家に行きたいということでした。
それは構わないのですが、わざわざ来ていただくのも申し訳ないと思います。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #16

それにしてもディンプルキーというのは、何と精密な構造なのでしょう。
ほんの少しの砂やごみが鍵に付着しただけで回らなくなってしまうのです。
これは鍵に傷がついた場合も同様だと思います。
ですからいくら鍵の汚れを落とすためだとしても
固いブラシなどでごしごしこするのは止めておいた方がよいと思います。
それこそ取り返しのつかないことになりかねません。

使っていなかった予備の鍵で問題なく動くようになったということは
このままでまだ十分使えるということであり
現段階でのシリンダー交換は必要なかったということになります。
話が前後しますが、実はその段階ですでに鍵の業者さんに連絡をとって
新しい鍵を取り寄せてもらっている最中でした。
よく確かめず、早まったことをしてしまったかと、かなり後悔しました。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #15

それは「わずかに鍵に付着していた砂をきれいに拭き取ったところ
滑らかに鍵が動くようになった」という記事です。
もしやと思って使っていた鍵をよく見ると、やはり砂が付着していました。
動かなくなった理由はこの砂かもしれません。それをきれいに拭き取り
シリンダーに差し込んで動かしてみると、それまで全く動かなかった鍵が
引っかかりはしますが回りました。そこでひらめきました。
今まで一度も使っていない予備の鍵を出してきて使ってみると
今までの苦労が嘘だったように滑らかに動きました。

ディンプルキーの調子が悪くなり、うまく動かなくなった場合
真っ先にシリンダーが原因だと疑いますが
鍵そのものの可能性もあるということです。
これはよく覚えておくべきでしょう。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #14

鍵の無効化とは、その紛失した鍵だけを
オートロック解除無効にできるみたいなのです。
さすがはICチップです。鍵毎に区別されているのですね。
我が家の鍵もそうですが、色分けされた目印がついているのは
こうした場合に鍵を特定するためだったのです。

今思うのは、もっと早くオートロックや非接触型キーについて
その仕組みを調べるだけでも調べておくべきだったということです。
複雑な手続きの必要なく、鍵の交換ができることが分かっていたならば
余計な心配もせず、もっと早く交換に踏み切っていたと思います。

また、今回の記事を書くときの参考にするため
以前に書いたディンプルキー関連の記事を検索していたところ
「ああ、そういえばそうだった」という記事を見つけてしまいました。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #13

そうするとマンション入り口のインターホンで適当に各住戸を呼び出して
呼び出しに応じない留守と思われる住戸を狙い
その鍵を使ってみればよいのです。落としたことに気付いていない間は
かなり危ないことになると思います。そうでなくても
鍵を使ってオートロックを開ける人は怪しい人だとは思いません。
そうした人が侵入してくるということは、マンションのすべての住戸にとって
セキュリティが甘くなってしまうということになります。
これはマンション全体にかかわることです。
一刻も早くその鍵を無効にしなければいけません。
そのため、紛失が判明した段階で、すぐに届け出というか
管理会社や管理組合に連絡する必要があります。
これは鍵を交換する場合とは、まるで性質が異なってくることです。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #12

でも、調べている間に別のことが分かりました。
この鍵を紛失してしまった場合にはとても厄介なことになるということです。
例えば住人の誰かが落とした鍵を住人ではない誰かが拾ったとします。
マンションの近くで拾ったとすれば
このマンションの鍵だと容易に分かってしまいます。
そうなると、オートロックを簡単に解除されてしまうことになります。
拾ったのが少し離れた場所だったとしても、悪いことを考えるような人ならば
近隣のマンションを手当たり次第に確かめるかもしれません。
そして、オートロックを解除できてしまうと、別の意味でも危なくなります。
普通の鍵を拾っただけでは、それがどこの家の鍵かまるで分かりません。
しかし、オートロックが解除できてしまうということは
その鍵がマンションのどこかの住戸の鍵だと特定できることになるのです。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #11

あまりに単純なので「これだけ!?」と、あっけにとられてしまいました。
しかし、これがれっきとしたICチップであることは
美和ロックのページ http://www.miwa-lock.co.jp/miwa_mm/08.html に
はっきりと載っています。私としては、ICチップといえば
クレジットカードなどの表面についている
1cm角ほどの金色のものをイメージしていましたので
それとは大きく違っています。そのため、いろいろと関心をもちました。
このICチップにどのようにして情報をセットしているのでしょうか。
また、受信部分とはどのような信号のやり取りをしているのでしょうか。
カードのICチップのような電磁誘導の利用はしているのでしょうか。
少し調べてみましたが、残念ながら私の調べ方では
どの疑問についてもあまりよく分かりませんでした。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #10

確かにこれならば頭部分の形さえ合っていれば
ディンプルキーの部分だけ取り換えることは容易にできます。
思い込みというものはつくづく厄介なものだと痛感しました。
私はディンプルキーの部分とオートロックに対応した部分とは
一体化していると思い込んでいたがために
鍵の交換は手続きが複雑になると思い
使いにくい鍵でずっと我慢していたのです。
両方が分離すると知ったときは、まさに目から鱗が落ちる気がしました。

分離したオートロックに対応した部分は
いったいどのような仕組みになっているのでしょう。
とても興味深かったのですが、中を見るとほとんどが空洞で
小さな磁石のようなかけらが一つ入っていただけでした。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #9

そして、オートロックへの対応についてです。
説明によると、鍵は玄関ドアのシリンダーに対応したディンプル部分と
オートロックに対応した電磁部分に分離できるそうです。
ですから、ディンプルキーの部分を交換するのならば
オートロックに対応した部分を外し、新しい鍵に付け替えれば
それで問題ないということでした。ぴったり付け替えるためには
同じ形の鍵を注文して取り寄せなければいけないということですが
それだけで済むのなら簡単なことです。

丁重にお礼を述べて電話を切り、すぐに鍵を確認してみました。
確かにオートロックに対応した部分にねじが一つあります。
そのねじを緩めてみると、表裏半分に分かれました。
それでディンプルキーの頭部分を挟み込んでいたのです。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #8

最初に返ってきた説明は意外にも
管理組合への届け出は必要ないということでした。
部屋のリフォーム等を行う場合は届け出が必要ですが
鍵の交換程度では必要ないということでした。
ではオートロックはどうなるのだろうかと疑問をもちましたが
後ほど詳しい説明を聞いて理解できました。
そして、業者さんも教えてもらいました。何とすでにこのマンション内で
何軒かはその業者さんで鍵の交換をしているそうです。
そうなのかと思いました。要は他の家への勧誘はなかったということですね。
他の家ですでに交換をしているのならば、オートロックへの対応も
それに倣えばよいわけです。届け出も不要ということで
いろいろな心配が解消されてきました。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #7

管理組合への届け出は、鍵の交換がオートロックにも関係してくるため
セキュリティ管理の面から必要になるのだと思っていました。
やはり面倒くさそうです。とりあえずは我慢していれば済むことですから
交換するかどうするかすぐには決めかねていました。

そうこうしている間に片方の鍵がまるで動かなくなってしまったのです。
そうなってしまったら、もう面倒だとは言っていられません。
すぐに管理会社のマンション担当の方に電話をしました。
そして、玄関ドアの鍵を交換したいので
管理組合への届け出の方法を教えてほしいと話しました。
また、鍵の交換ができる業者も分かるということでしたので
それも併せて尋ねました。
担当の方からは親切に、とても詳しく教えていただけました。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #6

そして、電話で個別に尋ねるのならば、説明会の場とは違って
こうした個人的なことでも尋ねやすいと思います。
連絡先に名前が載っていた方を呼び出してもらって尋ねてみたところ
やはり玄関ドアの鍵に関しては今回の修繕の対象外ということでした。
ちなみに玄関ドアの鍵については
30年目の修繕の時に対象となるのだそうです。
私が生きているかどうかも怪しい頃ですね。
そして、それ以前に交換したい場合には
個人的に費用を払って交換することになるのだそうです。
ただし、その場合は管理組合への届け出が必要になるため
具体的なことは同じ管理会社のマンション担当者に
確認してくださいということでした。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #5

しかし、いろいろ考えて、結局電話で問い合わせをすることにしました。
その気になった直接のきっかけは、説明会のしばらく後で配られた議事録に
「修繕工事に関して疑問等があれば何でもお尋ねください」と
書いてあったことです。お決まりの言葉だと思いますが
書いてあるのとないのとでは、心理的に違います。
早速載っていた連絡先へ電話をしてみました。

尋ねても修繕の対象外だという答えになることは
ほとんど分かっていましたが、それを話のきっかけにして
自分で交換する場合の手続き等についても尋ねようと思ったのです。
修繕工事の監理業務を請け負うことになったのが
マンションの管理会社でしたから、電話の連絡先も管理会社の関係部署でした。
管理会社の人ならば、各住戸の個別の案件でも話が通じることでしょう。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #4

使いにくさを我慢しながら、チラシが入ってくることを願っていましたが
残念ながらいつまでたっても全く入ってきません。
そうこうしている間に、別の絶好の機会がやってきました。
それが今回の大規模修繕なのです。なぜこれが絶好の機会に思ったかというと
修繕範囲に各住戸の玄関ドアも含まれていたからです。
鍵の不調も不具合として修繕してもらえるのなら
こんなよいことはありません。期待一杯で修繕説明会に参加しました。
しかし、配布された資料に載っていた修繕内容一覧を見ると
玄関ドアに関しては塗装工事だけになっていました。
質問しようかとも思いましたが、修繕内容一覧にないのですから
聞くまでもないかと思ってやめました。当てが外れてがっかりです。
もう修繕工事では無理だと諦めました。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #3

チラシによれば、一緒に交換を申し込めば
単独の場合より安く行うことができるそうです。
何となく管理会社からのお知らせかと誤解して、交換した方がよいのかと
間違って申し込みそうな形態であり、あまりよくない面もあると思いますが
給湯器の調子が悪く、交換を考えている家庭にとっては渡りに船です。
そのチラシに乗っかって申し込めば済むわけですから
まさにグッドタイミングのチラシだと思う家庭もあるでしょう。

つまり私は、玄関鍵でも同じことがないかなと、ずっと思っていたのです。
交換に来る鍵の業者さんが他の家も勧誘してくれれば
オートロックの扱いも一括で行ってくれるでしょう。
我が家が個別で対応する面倒くささがなくなります。
また、費用も通常より多少安くなるかもしれません。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #2

その手続きの方法が分からないため、交換を先送りにしていました。
そして、あるきっかけを狙っていました。

このマンションには管理組合の物品として
各住戸で共用して使える鍵穴潤滑スプレーがあります。
そういうものがあるということは、我が家以外にも
ディンプルキーの調子の悪い家が一定数あるということでしょう。
そして、そうした家のどこかが交換に踏み切る際に
相乗りして交換できないかと思っていたのです。
そう考えたのにはわけがあります。これは鍵のことではありませんが
給湯器の調子が悪くなって交換に踏み切る家が、最近時々あるようです。
そして、その際に業者さんが他の家に対し、この機会に合わせて
一緒に交換しませんかというチラシを配っているのです。

| | Comments (0)

オートロックキーの交換 #1

ずっと調子の悪かった玄関ドアのディンプルキーですが
上下二つある鍵穴のうちの一つが、とうとう回らなくなりました。
これまでは鍵穴専用の潤滑スプレーを使えば復活していたのですが
いくらスプレーを吹きかけても回るようになりません。
現在は片方だけで使っていますが、もしそちらも壊れてしまった場合
玄関の鍵ができなくなるというとんでもないことになりますから
鍵のシリンダーそのものを交換することに決めました。
調子が悪くなり始めてから7年目になります。潤滑スプレーでだましながら
よく我慢してきたなと思いますが、交換に踏み切れなかったのは
使用していた鍵が玄関ドアだけでなく
マンション入り口のオートロック解除も兼ねた鍵でしたから
交換するためには手続きが必要になると思っていたのです。

| | Comments (0)

レースカーテンの洗濯 #2

洗ったカーテンを再びつるし、光が当たるときれいになったことを実感します。
とりあえず問題なさそうですから、我が家では毎回洗濯機を使っています。
しかし、これは「洗濯機使用不可」と書いてあるカーテンでも
洗濯機が使えますと言っているわけではありません。
縮んだりほつれたりしても仕方がないと毎回覚悟しながら使っているのです。
洗濯表示を守ることは大原則だと思います。

こうしてベランダから物がなくなり、エアコン室外機だけになると
今度はそのエアコン室外機の汚れが気になってきました。
そこで、これも雑巾を使って全体をくまなく水拭きしました。
エアコン室外機をきれいにするのは本当に久しぶりのことになります。
カーテン同様に普段汚れているものがきれいになると
見違えるようにきれいになったと感じます。

| | Comments (0)

レースカーテンの洗濯 #1

せっかくのサイズぴったりのオーダーカーテンが
縮んで見苦しくなっては嫌ですから、最初はまじめに手洗いしていました。
しかし、入居から5年以上が過ぎ、新築の感動も薄れ
部屋も多少くたびれてきた頃から、いろいろな扱いも大雑把になり
カーテンの洗濯も洗濯機を使ってみようと考えるようになりました。
カーテンをレールから外し、フックを取り、きれいに折りたたみます。
それを洗濯ネットに入れて洗濯機に入れます。
コースはおしゃれ着洗いのコースで、洗剤もおしゃれ着用を使います。
初めて洗濯機で洗った時には、洗い終わりをドキドキして待ちました。
そして、すぐ広げてみましたが、縮みやほつれなどはないように思いました。
乾燥機能は使わず、濡れた状態でフックを付けてレールにつるして乾かします。
レールにつるしても長さや幅の変化はないように思います。

| | Comments (0)

アルミサッシの掃除 #5

水を使ってサッシ本体や網戸の掃除をすると、レールにも水がつきます。
そこでもう一度レールの掃除に戻ります。使うのは歯ブラシです。
歯ブラシというのは本当に掃除の万能グッズだと思います。
ありとあらゆる掃除場面で活躍します。
サッシのレールにもちょうど入りますから
レールの端から水と共に残った汚れをかき出していきます。
角に溜まった汚れもこすり落としていきます。
最後に雑巾で残った水分を拭き取って終わりです。
室内側のガラスは、ガラスクリーナーを使ってきれいにします。

さて、そこまで掃除をすると、レースカーテンの洗濯もしたくなります。
ところが我が家のレースカーテンの洗濯表示には
「洗濯機使用不可」と、はっきりと書いてあります。

| | Comments (0)

アルミサッシの掃除 #4

ですから、掃除機を使う前に
砂をほうきでできるだけかき出しておくことが重要です。
そこまで終わったら、サッシ本体の掃除をします。
私は雑巾を使って水拭きをします。
網戸については最初にたわしで軽くこすり
その後で雑巾を使って拭いています。
網戸の掃除を始めると、かなり汚れていることが分かりますから
やはりこれを掃除しない状態で室内へ運ぶことには抵抗を感じます。
掃除にはたわしを使いますが、こする際の力加減に注意しないといけません。
100円ショップにはサッシ本体や網戸の掃除道具も売っています。
水を入れたペットボトルに取り付けて使用する道具です。
私は使ったことがありませんが、もしかするとすごく便利で
かつ、腕を濡らさないで掃除ができるようになるのかもしれません。

| | Comments (0)

アルミサッシの掃除 #3

ほこりや砂がある状態で水をかけてしまうと、両方が混ざり合って
固まってしまい、とても取り除きにくくなってしまうのです。
ですから、掃除の最初にすることは、サッシのレールに入り込んだ
ほこりや砂を乾いた状態でできるだけ取り除くことです。
方法としては、最初にほうきを使って大雑把にかき出します。
次に掃除機を使って吸い込みます。その際には、100円ショップで売っている
サッシのレール掃除用のノズルを買ってきて、掃除機につけます。
このノズル、耐久性はあまりなく、全部のサッシの掃除が終わるころには
ブラシ部分がへたってしまいますが、使い勝手はとてもよいです。
また、これだけでもかなりきれいになりますから
時間のないときには、この掃除機がけだけで終わるときもあります。
ただし、砂もまとめて吸い込むわけですから、掃除機への影響は心配です。

| | Comments (0)

アルミサッシの掃除 #2

しかし、乾きの悪さと水が冷たいことに嫌気がさし
それ以降は夏場に行っています。暑いは暑いのですが
年末は年末で寒いですから、環境が悪いことには変わりがありません。
しかし、さすがに真夏では熱中症になってしまいますので
長い時間の作業ができず、それはそれで効率が悪くなります。
ベストの時期は5、6月か今の9月でしょう。
私も今回は8月末から9月初めにかけて行いました。

次に掃除の方法です。ここで大事なのは水の使い方です。
水は最後に使います。そして、その前にサッシのレールに入り込んだ
ほこりや砂をできるだけ取り除いておいた方がよいです。
これは経験で学びました。先に窓や網戸の水拭きを始めたり
サッシのレールにいきなり水を流したりしてはいけません。

| | Comments (0)

アルミサッシの掃除 #1

家の掃除の中でアルミサッシまわりはつい後回しにしてしまいますので
掃除は久しぶりの気がします。アルミサッシまわりの掃除については
以前にこのブログで書いていると思いますが
ずいぶん前のことになりますので、もう一度まとめて書いておきます。
ただ、ここでの掃除方法は、あくまで私がよいと思う方法です。
やり方によっては、物を壊す可能性もありますから、気を付けてください。

まず、掃除の時期ですが、私は圧倒的に夏がよいと思います。
水を使うため、早く乾いた方が効率がよいからです。
また、高い部分を掃除する際に腕を上げるのですが
水が伝って腕が濡れてしまってもあまり気になりません。
一般的に家の大掃除というと、新年を控えた年末のイメージがあります。
私も年末にアルミサッシまわりの掃除をしたこともありました。

| | Comments (0)

バルコニーの片付け #7

そこで、猫が入れないように締め切った部屋を一つ作り
そこへ観葉植物を移動することにしました。
しかし、大ぶりの植物もあるため、部屋に置くとその枝葉に遮られ
部屋のものが出し入れしにくくなってしまいます。
そのため、よく使う物は別の部屋へ移動させなければならず
室内の物の配置換えにもけっこう頭を使いました。

そして、もう一つ片付けなければいけないものがありました。
サッシについている網戸も外して室内に保管しなければいけないのです。
網戸を片付けるのはそれほど問題ないのですが
そのまま片付けるにはあまりにも汚れています。
そこで、バルコニーの片付けがだいたい終わった段階で
アルミサッシとレールと網戸の掃除を行うことにしました。

| | Comments (0)

バルコニーの片付け #6

そうなる前に、重い物、持ち運びのしにくい物をできるだけ処分しなければと
現実的に考えるようになりました。こうして不用品の処分をしながら
一部屋の半分ほどのスペースにビニールシートを敷き
そこへバルコニーにあった物を置きました。

バルコニーには観葉植物の鉢も多くあります。
ベンジャミンについては、毎年冬の間は室内に移動していますが
今回はその他の植物もすべて室内に移動しなければいけません。
そうすると心配なのは猫が植物の葉を食べてしまわないかということです。
毎年のベンジャミンについては食べる様子はないのですが
他の植物は物珍しさもありますので、どうなるか心配です。
植物によっては猫が食べると中毒を起こす可能性もありますし
植物にとっても葉を食べられたり、枝を折られたりすれば弱ってしまいます。

| | Comments (0)

バルコニーの片付け #5

片付けを始めると、昔は必要だったけど今は不要になった物や
年月の経過と共に使い物にならなくなった物などが出てきて
思い切って処分ができるようになります。
やはり大がかりな片付けや模様替えを定期的に行うと
物の必要性を見直すよい機会になります。
こうして捨てる物以上に新たな物を増やしていかなければ
物は減っていくはずです。そして、今回もう一つ思ったことがあります。
それは「重量の重い物は優先的に処分する」ということです。
私も年齢の増加と共に体力や筋力の衰えを感じます。
若い頃は持ち運ぶことができたものでも今は大変に感じます。
さらに年を取れば、重い物は移動すらできなくなるでしょう。
あるいは無理をしてけがをしてしまうかもしれません。

| | Comments (0)

バルコニーの片付け #4

しかし、あまりにも物が多いため、自分たちだけでは無理だと悟り
不用品の回収業者さんに依頼しようと考えました。

この不用品処分の件につきましては、また別に取り上げて
まとめてみたいと思っていますが、現在は見積もりをしてもらうにあたり
納屋の内部の物の整理をしているところです。
そして、お金を出して業者さんに依頼するのならば
ついでに我が家にある不用品についてもそちらに運び込んで
一緒に回収してもらおうと考えました。
園芸に使った土とか長い支柱とかは、通常のごみに出すことができず
マンション暮らしでは案外処分に困るのです。
そうして処分することに決めた物の中で、簡単に捨てられない物については
まとめてせっせと嫁の実家に運び込んでいます。

| | Comments (0)

バルコニーの片付け #3

それはそれで移動が大変そうですから、可能でもやめたと思います。
しかし、バルコニーのすぐ近くの室内には、荷物の置けるスペースがないため
一部屋にまとめて保管することにしました。
片付けに際して最初に行ったのは不用品の処分です。
保管場所にもスペースの限度がありますから
これを機会にできるだけ物を処分しようと考えました。
そして、ここでまた、嫁の実家が関係してきます。
嫁の実家は母屋の隣に納屋が独立して建っているのですが
それが老朽化してきていますので、取り壊すことを考えていました。
しかし、その納屋の中には不用品がたくさん詰め込まれていたため
それを処分しないことには取り壊しもできません。
そのため、最初に私たちでその不用品の処分をしていました。

| | Comments (0)

バルコニーの片付け #2

衛星アンテナは設置しておらず、その点だけはよかったのですが
90×90×50程度の物置を置いていて、全体として片付けは大変そうです。
我が家は角部屋のため、南北にバルコニーがあります。
そのため、荷物を部屋に入れず、南北のバルコニー間で
必要に応じて移動させることはできないかと考えました。
同じことを考える人はいるようで、工事の説明会の時に質問がありました。
答えとしては南北のバルコニー間で工事時期をずらすことが
必ずできるわけではないので、原則としてはすべてのバルコニーを
同時に片づけてほしいということでした。
よく考えてみれば、仮に可能であったとしても
逆側のバルコニーに運ぶためには、部屋を縦断しなければいけません。
高さが2m近くある観葉植物や重い物置を部屋の端から端まで運ぶのです。

| | Comments (0)

« August 2016 | Main | October 2016 »